タグ:アジサイ ( 3 ) タグの人気記事

まだ、アジサイ?

c0124447_13501424.jpg

記憶にある方、いらっしゃるでしょうか? これ、あのときのアジサイなんです。

器は、ちょっとアンティークっぽい雰囲気がちょっと気に入って、普段使いで
大小揃えているガラスです。

カラーはすぐに萎れてしまいましたが、アジサイはまだまだ元気そうだったので、
花びらだけを浮かべてリビングに飾っておりました。

切花は、一番綺麗に咲く直前に出荷される訳ですから、
短い命を尊んで、最後まで、きちんと眺めて愛でてあげたいですからね。


だが、しか~し、これには驚きましたよ!

器からどんどんお水が減っていくあいだも、花びらは半月以上ずっと、元気なんですよ。
ほんの少しだけ、茶色く変色しかけた分が現れたくらいです。

『一体いつまで、このまんま、ここに?』 と主人に言われたほど・・・。



毎日のように観察しておりましたので、せっかくですから、
レポート形式でまとめておきたいと思います。

【アジサイの花びら観察レポ by 芳庵】

 その1:アジサイは花びらだけでは、お水が汚れない。つまり、バクテリアが繁殖しない。

 その2:お水が汚れないので、水替え不要。

 その3:おかげで、片付けのタイミングが不明。

 その4:おかげで、季節は盛夏のヒマワリに移っても、家の中は、あれこれ同居で
      花だらけになる。

 その5:おかげで、大好きなそうめんは、別の鉢でいただくことになる。



さて、このレポートは、お役に立ちますでしょうか?
[PR]
by hoansan | 2008-07-19 07:03 | ★お花の目線

新風体生花~アジサイ

c0124447_13313256.jpg

◆花材 :  カラー  オクラレウカ  アジサイ
◆花型 :  新風体(しんぷうたい)生花(しょうか)
◆花器 :  津軽ガラス


公園や通りや庭のアジサイは、いろいろな種類で目を楽しませてくれます。
どんより梅雨空も、アジサイを眺めれば、ほっと癒しのひととき。 救われますね。

アジサイの楽しみ方のひとつは、その色の豊富さ。
ボールのようなこんもりしたお花1本の中にも、よく見るとたくさんの色が混じりあい、
色のグラデーションを楽しめます。
ということで、自宅でもアジサイ一輪。


家の中でのお花はリビングに飾ることが多く、いけばなの場合は、
すっきりさっぱりとした活け方が多いでしょうか。
新風体生花という花型は、和室の無い我が家に、主張し過ぎないモダン感が
合っているようで、気に入っています。

今日は、水彩画を描く気分で、仕上げに優しい薄紫色の絵の具を重ねてみました。
[PR]
by hoansan | 2008-06-28 07:58 | ★いけばな&レッスン

あじさい~墨田の花火

c0124447_12133959.jpg

5年ほど前の母の日に、この花の鉢植えを贈りました。
『墨田の花火』と名づけられたこのアジサイを初めて見たときは、絶対に母が喜ぶだろう
とピンときました。実際、北陸の富山では、見かけることのないお花だそうで、
毎年、大切に大切に育ててくれているようです。

偶然にも、私が今住んでいるマンションのベランダ前の小さな庭にも、同じ花が咲いて
います。今年も梅雨をうけながら、綺麗に咲き始めました。

遠く離れて暮らしていても、この季節、同じ花を眺めているかと思うだけで、
距離がうんと縮まる瞬間です。
[PR]
by hoansan | 2008-06-05 12:24 | ★お花のある暮らし