<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

連想問題

もう5月も終わり。 じめじめの梅雨を吹き飛ばすような装いが気になりますね。
お花もしかり。

ガーベラのヘラクレスのオレンジがとっても眩しくて。
c0124447_15284034.jpg

てまり草が、まるで、爪先立ちしたバレリーナの愛くるしい衣装のようで。
c0124447_15284963.jpg

というわけで、あっという間に千手観音バレリーナの出来上がり。
c0124447_1452243.jpg

[PR]
by hoansan | 2008-05-31 08:09 | ★お花のある暮らし

カーネーション~クリスティーヌ

お忙しい主婦の方には、こんな3分間アレンジメントをご紹介。
シンプルで真っ白なスクエアの花器に、5本のお花をサクサクっと差すだけ。
c0124447_17531222.jpg

大好きなカーネーションのひとつ、クリスティーヌ。

このクリスティーヌに出会ってからは、カーネーションというお花に目を向ける回数が
だんとつに増えました。一見主張していないと思われるお花ですが、ふと目を留めた
とたんに、じっと見入ってしまいます。

淡いピンクにパープルの縁取りがにくらしいじゃありませんかぁ!
もし私が服飾デザイナーだったら、間違いなくお花からたくさんインスパイアされていると
思います。


こうやって眺めていると、なんだかショートケーキの生クリームを連想して、
このアレンジメントをお誕生日のプチプレゼントにしたくなります。

ええっと、誰かいたかしら?

あら、やだ、5月はアタクシがカウントアップした月でした。
これから夏に向けてダイエットの季節ですし・・・、
ケーキ食べたことにしましょ、おっほほほ、、、。
[PR]
by hoansan | 2008-05-29 17:58 | ★お花の目線

Happy Wedding!

c0124447_11543978.jpg

昨日お知らせいたしましたウェディング・ブーケです。

実はこのブーケ、依頼者の方には内緒でこっそり二人でお作りしました。
というのは、依頼者の新婦さまはとてもチャーミングで素敵な姉妹のお姉様。
その妹さんとは、私も仲良くさせていただいているので、ぜひ一緒に作りませんか?
とお誘いしたのです。
ウェデングブーケなんて初めてだからと心配そうにお話されましたが、
こんな機会はもう二度とありませんので、ぜひにと声をかけさせていただいたのです。


妹さんと一緒に、プリザーブドフラワーのバラにひとつひとつ丁寧に手を加えてあげると、
なんだか本物のお花に生き返らせているような感じがしてきます。

事前に、お姉さんとの打ち合わせで、キラキラ系を入れてリボンをたくさんあしらう事を
決めてありましたが、その微妙なボリューム加減は、妹さんと一緒にこだわって
細かく細かく相談しながら進めることができました。

普段から仲のいい姉妹でいらっしゃいますが、一緒に作っている時間は、
姉妹のいない私にとっても楽しく、姉妹の想いやりを垣間見るあたたかいひとときでした。

本当に心のこもったお花が出来上がり、とても嬉しく思います。
一緒に作ってくださり、心から感謝いたします。

ちょっぴりサプライズを添えて、☆Happy Wedding☆!
[PR]
by hoansan | 2008-05-28 11:48 | ★芳庵の小さな幸せ

想いを込めて

c0124447_120327.jpg

来月ご結婚される方からウェディング・ブーケのオーダーがありました。
新郎さまのブートニア、そして新婦さまのヘアパーツを作り終えて完成です。

神戸でのお式とのことで、生のお花ではなく、プリザーブド・フラワーでのご依頼でした。
プリザーブド・フラワーは、何もせずとも2、3年は持つと言われており、事前に準備して
おける安心感もあり、最近は人気が高まっていますね。

私もすっかり見慣れているとはいうものの、普段、生のお花をたくさん見ているので、
薔薇の開き加減、色味など、どうしたら生のお花のように自然に見えるかと
いつも考えてしまいます。
c0124447_1204251.jpg

今回お召しになるドレープたっぷりのクラシック&ゴージャスなウェデングドレスの
試着のお写真を見せていただいたときは、その上品な色合いと雰囲気が花嫁さんに
ぴったりで本当にうっとりしました。

そして、すぐにイメージしたこのお花達。
素敵なウェディングセレモニーでの演出に、どうか頑張ってくれますように。

ブーケのお写真は、後ほどご紹介いたします。
[PR]
by hoansan | 2008-05-28 08:11 | ★芳庵の小さな幸せ

自由花~『点』で表現

c0124447_10371043.jpg

いけばなレッスンでの生徒さんの作品です。

【花型】 自由花
【花材】 スカビオサ(エースオブスペード) ビバーナム カーネーション(クリスティーヌ)


スカビオサを主役に、『点』で表現することをテーマにしたレッスンでした。
お花を『点』として表現するということは、アクセント、ポイントを判断することであり、
『ライン』で表現するより、一層お花を生ける方ご自身の独創性がおのずと出てきます。

濃いチョコレート色のスカビオサに対して、足元のビバーナムは、この季節にぴったりの
ライトグリーン。葉っぱが少ない分、モダンな印象を受けます。
茎の表情、ツボミの配置具合など、たくさん神経を配って出来上がった作品は、
とても繊細かつ、軽やかに仕上がりました。

もしもあるお宅に訪問して、こんなお花が玄関で出迎えてくれたら、
さて、皆さんは、どんな言葉をかけますか?
[PR]
by hoansan | 2008-05-27 11:05 | ★いけばな&レッスン

初めてのブーケ

c0124447_18501720.jpg

今月も楽しいレッスンが終了しました。

初めてのブーケ製作という方もいらっしゃいましたが、皆さん頑張りました。
肩を回しながら腕の疲れを癒し、立ち続けること1時間。
みんな綺麗にスパイラルが組めるようになりました。


ひたすらお花に夢中になれる時間。
そして、ほっと一息つきながら、みんなで楽しくおしゃべりする時間。

元々は、知らないもの同士だったのに、
こうやって、みんながつながっていくことを一番喜んでいるのは、
実は、こんなにキラキラ輝いているお花なのかもしれません。
c0124447_18515215.jpg

[PR]
by hoansan | 2008-05-26 18:59 | ★アレンジメント&レッスン

大人な芍薬~生花一種生け

c0124447_168946.jpg

【花型】 生花(しょうか)一種生け


東京は、ここ数日の夏日ようなお天気が続き、近所の街を歩く姿はみんな七部袖や
半袖姿でした。もう冷たい飲み物が欲しくなる季節ですね。

そんな中、お花の反応は素早いですね。
先日と同じく、芍薬のみの一種生け生花のレッスンでは、レッスン中にちょうどいい具合に
開花しました。「バンカーヒル」という品種ですが、目にも鮮やかでエレガントな大人の
時間を演出してくれそうなお花です。

お生花(しょうか)の最低本数である、5本のみで生けていただきましたが、やはり、
7本にしなくて正解でした。これだけの存在感ですから。


いけばなはのレッスンでは、レッスンが終わったら全て花器からはずして、
お花のみ包んでお持ち帰りとなりますが、肩にかついだお若い生徒さんのバッグから、
しっかりと顔をのぞかせた芍薬は、そこでも圧倒的な存在感をアピールしていました。

つい、生徒さんにも、お花にも声をかけてしまいます。

「大変お疲れ様でした。 お家に帰ったら、たっぷりとお水をもらってね~♪」
[PR]
by hoansan | 2008-05-26 07:36 | ★いけばな&レッスン

花器がたまって困ります…

c0124447_15423248.jpg

毎月欠かさずレッスンに来てくださる生徒さんの言葉です。

『たくさん花器がたまって、置き場所がなくなってきました・・・。』


す、す、すみません…。 何を隠そう、私は、"器好きな女"です。 

おそらく、いけばなを永くやってきたせいもあると思います。
いけばなは、花器とお花との調和があってはじめて作品が完成します。

また、食器なども大好きで、自宅には器がゴロゴロです…。
その昔、日本のテーブルコーティネイトの第一人者と言われるクニエダヤスエさんに
憬れて、テーブルコーティネイトのレッスンを受けていたこともあるくらいですから。

そんなことから、アレンジメントのお花であっても、
『花がメインなのだから花器はそんなに気にせずとも、、、、』
とは絶対にならないのですね…。
お花のデザインを考えるときは、いつも器を一緒にイメージしています。


そして、花器で困ってしまった生徒さんには、私はいつもこのようにお話しています。

『ぜひレジメで復習して、お友達へのプレゼントとして差し上げてみませんか?』


ちなみに、何かの記事で見たのですが、一般的に気張らないプレゼントや
お礼にかける金額相場は5000円だそうです。

Hoan's Worksのレッスンでは、配送ボックス+配送料金を合わせても、
おおよそ5000円程度で収まるよう心がけています。
(我が社は宅配業者さんに交渉して、格安金額にしてもらっているので
かなり助かっておりますが)


心のこもった手作りのお花は、言葉では伝えきれないたくさんのメッセージを
運んでくれると思います。
[PR]
by hoansan | 2008-05-21 18:45 | ★芳庵のワンポイント

2008年6月度のご案内

2008年6月度のレッスンのお知らせです。

◆アレンジメントレッスン 
   『さわやか初夏のアレンジメント』

   ◎ 白とグリーンをベースカラーに、さわやかなアレンジメントです。

   ◎ 花器付きです。

   ◎ 花材・花器・レッスン料・お持ち帰りバッグ込み 4000~4500円程度
     (花材仕入れによる)

   ◎ お持ち帰りバッグサイズ 中~大  
     バッグ持参の方は、エコ活動のひとつとしてレッスン料100円割引き致します。


◆レッスン日 

  6月14日(土) 10:00

  6月14日(土) 14:00

    *6月15日(日)は、父の日です。手作りのお花プレゼントはいかがでしょう?
     
  6月21日(土) 10:00

  6月21日(土) 14:00
     
  6月22日(日) 10:00

  6月27日(金) 10:00

  6月28日(土) 10:00

  6月28日(土) 14:00

   ※おひとりおひとりじっくりレッスン可能な体制で、各回ともお申込順、5名様までと
    させていただきます。


◆いけばなレッスン
  『お生花(しょうか) または 自由花』

  ◎ 季節のお花を生けます。

  ◎ ご経験、進度により、個別テーマを設定いたします。

  ◎ いけばなレッスンは、アレンジメント開始時間の1時間ずれ(1時間前、または後)
   の時刻で開始となります。ご希望の時間をお知らせください。


      * 生徒さんが相互にアレンジメントといけばなの両方を知る機会を得られるよう
        現在あえてこのような設定となっております。ご了承ください。 


  ◎ 花材・レッスン料込み 3000~3500円程度  (花材仕入れによる)
   

◆お願いとお知らせ 
 
  ・花材準備の都合上、お申込み、キャンセルは、4日前までにメールまたは
   お電話にてお願い致します。

  ・月2回まで、受講可能です。 (2回目は、復習、または未受講レッスン)
   いけばなとアレンジメントの組み合わせレッスンも可能です。
   1回に、2作品まで製作可能です。

  ・アレンジメントとブーケは、プレゼント用製作、及び配送も可能です。
   お気軽にご相談ください。
[PR]
by hoansan | 2008-05-21 18:01 | ★レッスンのお知らせ

芍薬~生花一種生け

c0124447_1445570.jpg

【花型】 生花(しょうか)一種生け


芍薬が美しい季節ですね。
生花(しょうか)の基本の『き』として、解りやすく説明するために5本のみで生けた
生徒さんの作品です。大きな花が目に鮮やかで、すっきりとした立ち姿です。


八重咲きのふっくら大きくてゴージャスな花が人気を集めていますが、
フランスをはじめとしたヨーロッパで多く品種改良されたそうです。
ちなみに、写真の芍薬は、「フジ」と名づけられていました。

芍薬のみのブーケがウェディングで使われるという時代ですから、
これはもう世界中の万人が認める美しく豪華なお花の代表選手。

レッスンにいらした生徒さんに教わって始めて知ったのですが、
牡丹(ボタン)が樹木であるのに対して、芍薬(シャクヤク)は草だそうです。
一本の茎からシャキッと立ち、まっすぐ上に向く花すがたに背筋ものびます。
そのじんわりじんわりと緩み開花する姿をゆっくりと味わい、愛でる気持ちの余裕を
持ちながら日々を過ごしたいものです。
[PR]
by hoansan | 2008-05-21 15:12 | ★いけばな&レッスン