<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

自由花

c0124447_16472100.jpg

アレンジメントに慣れすぎてしまうと、いけばなで一番悩むのがこの自由花という花型。

左右のバランスをとり過ぎてしまったり、不要な花、葉を詰め込み過ぎたりしてしまいがちです。さもそこにお花があるかのように見せる、空間の拡がりや奥行きのとり方を大切にするいけばなですが、ともすると、アレンジメントだかなんだか、わからない作品になります。

この花器は、「いけばな」らしいものを選んでいますが、色つきガラスや、ステンレス製のものであれば、"いけばな"? って思われる方もいるのではないでしょうか?
(参考 : ガラス花器にて)

ふと、フラワーデザインという言葉で片付けてしまって、アレンジメントでもあり、いけばなでもありと、境界をつけないのもありかなとも思ったりもしますが、やはりここは、曖昧にしたくないのが私の性格。

頭の中をグルグルさせながら生けましたが、今回の作品は、"いけばな"です!(笑)

では、どこのところが"いけばな"かと聞かれたら、それは、どのお花も、高さ、前後の奥行き、角度が違っているということです。本数が少ないですが、これでも結構時間がかかるんです。ちなみに、2時間です、とほほ、、。


アタクシは、自己分析するに、気が多い性格で、白黒はっきりつけたいタイプなのだと思います。(笑)

【花型】 自由花(じゆうか)
【花材】 ポピー ミルクブッシュ ライムポトス スプレー菊
【花器】 陶器
[PR]
by hoansan | 2008-03-31 17:05 | ★いけばな&レッスン

日本人は桜です

c0124447_14112076.jpg

昨日の東京は、絶好の桜見日和でした。
毎年この桜の時期に、東京都美術館にて池坊いけばな華展が開催され、
古くからのいけばなの友人と一緒に上野公園の桜を愛でながら再会します。

華展には、私は昨年出品したので、今年は鑑賞者。すっかりリラックス気分です。
c0124447_14112755.jpg

公園の桜はちょうど満開で、あちらこちら人、人、人、、、、。上野駅の改札口から続く人の列は、みんな満開の桜の下で順番にカメラマンに変わります。

ソメイヨシノを中心に40種以上1200本ものの桜の木々が立ち並ぶ様は、本当に圧巻です。昨年よりも人出が多い気がしました。

どうして、こんなに桜を見ると笑顔がこぼれるんでしょうというくらい、みんなにっこりしています。この時期、日本人のハートは一斉に桜色に染まってしまうんじゃないかと思われます。
c0124447_14111287.jpg

友人とすっかり恒例となっている、韻松亭のランチも桜のモチーフがあちらこちらにちらばめられて…。たっぷり頂いて大満足。桜の開花時期を予想して、2月の中旬に予約した甲斐があったというものです。

桜を愛でて、美味しいものを食し、友人とのつきない楽しいおしゃべりに会話がはずみ、どういうわけか華展は一番最後に…。身も心もお腹がいっぱいで、華展の作品鑑賞は、ちょっとしたデザート感覚でした・・・。
あれれっ? そのデザートが目的だったはずなんですが。。。。
[PR]
by hoansan | 2008-03-28 14:51 | ★お花のある暮らし

すみません、ほんとすみません


小さな小さな小花のソリダスター
c0124447_11501656.jpg

小さくても、開くとこんなに黄色が映えるんです!

これまでの私は、アレンジメントでは、野の花のようなナチュラル感がありすぎる気がして、正直あまり好きではありませんでした。また、いけばなにおいても、剣山や叉木、つまりお花の差しくちを隠すためによく使われるので、積極的に使うことはありませんでした。


しかし、ブーケの挿し色に使うと、、、、、
なんとまあ! 可愛いこと、可愛いこと♪
ソリダスターが無ければ、かなり、おとなしい雰囲気のお花になっていたと思います。

今まで、しっかりと、花が開いた状態を目に焼き付けてなかったんです…。
すみません、ほんとすみません(汗)


どんなお花も好き嫌いしないように、それは、人間に対するのと同じ と思っていたのですが、少し反省です…。
何でも思い込みはいけませんね。 どうしたら素敵に見えるのか、どんな工夫ができるのか、とにかく固定観念にとらわれないことが大切なのですね。
[PR]
by hoansan | 2008-03-26 11:56 | ★お花の目線

生花~一種生け

うわ~、なんでこんなことに~!
c0124447_11444026.jpg

生花(しょうか)は大好きだし、この桜色のラクスパーもお気に入りなのですが・・・。

足元すっきりしなければならないのに、もっさもさですよ…。
しかも、お花のそれぞれの役枝の境界がまるで判明つかず、なんだかワッサワサジャングルですよ、ぐすん、、、、。
私の写真テクでは、全くダメダメ作品です。
いけばなは、奥行きが大切なのですが、その奥行きがまるで感じられません。


ずっとアレンジメントのレッスンに参加されていた方が、初めていけばなにチャレンジされました。綺麗にお写真を残したかったのに、もう泣きたい気分です・・・。
ごめんなさい、ほんと、ごめんなさい・・・。

この失敗を、次に生かせるといいのですが・・・。


【花型】 生花(しょうか) 一種生け
【花材】 ラクスパー
【花器】 陶器
[PR]
by hoansan | 2008-03-25 11:47 | ★いけばな&レッスン

おすましボタン

この時期すっかり見慣れたチューリップ。
今月のアレンジメント・レッスンでは、お首にワイヤーをクルリと巻きて、トピアリー風にしてみました。ワイヤーの端は、グルグル、クシャクシャに丸めて飾りボタンのように。まるで、チューリップがおすまししているみたいです。

そう、これは卒業式の列に並ぶ、蝶ネクタイの男の子をイメージして・・・。


と、と、ところが・・・・・、
生徒さんには、驚かされます!
c0124447_16595192.jpg

蝶ネクタイどころか、ハートのモチーフにしたり、『千の風』のイメージでなびかせてみたり、、、、。こんな自由な発想こそが、新しいお花のデザインの発見につながりますよね!

今回、紫族(=紫色が好きな人々)と同じくらい、ワイヤー族(=針金が好きな人)が多いことが発覚しましたよ。

それから、水揚げがよすぎたチューリップが、レッスン中にボキッ・・・。
今月は、3名の方の目が飛び出しそうになった瞬間を目撃することができました。(笑)

ちなみに、意外とチューリップは単純ですので、生ける前に20分ほど水からあげておくと自然な曲がりができて扱いやすくなります。

いやぁ~、今月も大変楽しいレッスンでした。さて、来月はどんなハプニングが? 
[PR]
by hoansan | 2008-03-24 21:01 | ★アレンジメント&レッスン

2008年4月度のレッスン日

2008年4月度のレッスンのお知らせです。


◆レッスンタイトル  『ラインを生かしたテーブル・デコレーション』

◆レッスンテーマ  ラインを生かした花材でテーブルを飾るお花を作りましょう。

◆レッスン詳細
   ○花材・レッスン料・お持ち帰りバッグ込み 4200円(税込み)程度
     (花材仕入れによる)
   ○お持ち帰りバッグサイズ 大(横長のもの)  
     バッグ持参の方は、エコ活動のひとつとしてレッスン料100円割引き致します。

◆レッスン日 
*土曜日夕方レッスン、日曜日レッスンを設けました。

  4月 12日(土) 10:00

  4月 12日(土) 14:00

  4月 12日(土) 17:00 New!

  4月 19日(土) 10:00

  4月 19日(土) 14:00

  4月 20日(日) 10:00 New!

  4月 23日(水) 10:00

  ※おひとりおひとりと、じっくりレッスン可能な体制で、各回ともお申込順、5名様までと
    させていただきます。

◆お願いとお知らせ
  ※『粋ないけばな』レッスンは、アレンジメント開始時間の1時間前、もしくは1時間後に
   開始となります。ご希望の方はお知らせください。

  ・花材準備の都合上、お申込み、キャンセルは、4日前までにメールまたは
   お電話にてお願い致します。
  ・月2回まで、受講可能です。 (2回目は、復習、または未受講レッスン)
  ・プレゼント用製作、および発送も可能です。お気軽にご相談ください。
[PR]
by hoansan | 2008-03-24 12:04 | ★レッスンのお知らせ

手荒れケア

c0124447_712482.jpg

大好きで、もう何年も使っているお気に入りです。

  右 : キッチンソープ   ほのかにオレンジの香りがします。
  左 : ハンドクリーム   複数の香りから選べますが、これはミントの香り。

デパートのコスメティック売り場に行くと、ほぼ必ずといっていいほど、「お客さんは、お肌が薄いですねぇ」と言われてしまう私ですが、乾燥時期の手荒れも普段に増してひどくなります。お花を扱う多くの人にとって、"手荒れ"は、悩みのひとつかと思います。

このMARKS&WEBの商品は、ハーブの優しい香りと、シンプルなパッケージ・容器が特徴です。
あれこれ試してみましたが、最終的に選ぶポイントは、まめに使い続けられる飽きのこないものとなりました。実は、私にとって、"飽きのこない"の大きなウエイトを占めていたのは、『香り』だったということに、この商品を使って気付きました。

これ以外の商品でも、ハンドソープ、クレンジングジェル、モイスチャーライザー、アミノシャンプー、アミノリンスなど、そのときの気分で使っていますが、使うごとにその香りに癒されます。ハーブの香りが、生のお花を扱っているのと同様の効果があるようなのです。

デイリーユースでは、他にも、LOCCITANEの商品もときどき利用していますが、お気に入り度では、今のところ、MARKS&WEBに軍配があがっています。


お花の下準備するときは、お花のことを思えば、まめにハンドクリームをつけたいところも少し我慢。でも手荒れが目立つとやっぱり恥ずかしいですよね。ですから、付けられるときは、いつでもどころでも、、、、。
アタクシ、電車の中でもこっそりバッグの中で、ハンドクリームのキャップをはずし、何気ない顔して"揉み手"しています。(笑)
[PR]
by hoansan | 2008-03-19 08:03 | ★芳庵の小さな幸せ

犬がいるので、お花なんてとても・・・・

先日、お花が好きだという方で、こんな言葉をこぼされた方がいらっしゃいました。

でも、どうぞご安心ください。我が家には、すごいのがいるんですけど?
c0124447_10392513.jpg

確かに、子供の頃の彼、我が家の『REON』は大変やんちゃ坊主で、ジャンプして片っ端からお花を齧ろうとしていました。特に香りが強いお花を家に持ち込もうものなら、すっ飛んで来て、自分の食事とばかりにジャンプしてかぶりつく始末・・・。

『こらぁ~~! これは、野菜じゃな~~い!』
ちなみに、私の喉が、この時期にかなり鍛えられたのは間違いありません・・・。


しかし、その都度こっぴどく叱られ、また食べてもたいして美味しくないことが解ったのでしょう。すぐに、お花には見向きもしなくなりました。5歳半の今では、たまに、テーブルから落っこちた小枝を歯磨きグッズと勘違いしてガシガシする程度です。

『ちょっとぉ~、出来上がりを少しくらい鑑賞してくれてもいいんじゃない? ほら、感想とか、んんぅ~なかなかいいねぇのひと言とか、、、、』 と言いたくなるくらい無関心なのです。

実際、お花の教室の生徒さんの中にも、5人の方が犬を飼っていらっしゃり、そのうちのほとんどの方が多頭飼いとお聞きします。
思うにきっと、飼い主が大切にしているものを壊してはいけないという自覚が、犬にも自然と芽生えるのではないでしょうか?

犬が家族の一員と言われるように、お花も部屋に普通に飾ってある暮らしであれば、ますます日々が楽しくなると思います。特に生花の場合は、毎日変化するので、犬に話しかけるように、花にも思わず話しかけたくなります。


ふと見ると、今日もこちらのお方は、何か訴えていらっしゃる…。
アタクシの膝に手を置いて、ちょいちょいとされるんです。
c0124447_10393581.jpg

『お花生け終わったら、オヤツもらえるんでしょ?』  (by REON)
[PR]
by hoansan | 2008-03-17 07:33 | ★芳庵のひとりごと

紫式部

c0124447_14145855.jpg

紫(むらさき)色が大好きな、紫族のみなさま、
この度、イチオシのお花をご紹介させていただきます。

たまらないこのグラデーション、ほのかな甘い香り。
その透き通るような薄紙のような花びらは、色の濃い部分には、ほんのり艶やかです。
まさに、その名も高貴な『紫式部』。

最近では、色水を吸い上げさせた珍しい色のスイートピーが多く出回っていますが、どう頑張っても、人工的な手法では、この素晴らしい色味は真似できませんね。

このお花と合わせるのに、、色々と取り合わせを考えてみました。が、淡い色の花器にシンプルにこの花だけで生けると、一番この花のよさが引き出せそうな気がします。


紫式部と言えば、かの有名な平安時代の歌人を思い出す方も多いことでしょう。
子供の頃の私は、母の影響で百人一首が大好きでした。夕飯の支度で台所に立つ母が上の句を詠むと、私が下の句を詠む、そんな娘だったのです。


   めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に
                 雲がくれにし 夜半の月かな  (紫式部)

 
   【解釈】
   めぐりあって、見たのは月かどうかもはっきりしないうちに、雲にかくれてしまった
   夜中の月のように、やっとお会いしたのに、あなたはあっというまに帰ってしまわれ
   た。ゆっくりお話したいと思っていたのに…。


正しい紫族のみなさま(もちろん、私も含む)におかれましては、こんな場面に遭遇しても、
「ええ~っ!もう帰っちゃうの? ゆっくりしていきなさいよ。 ちょっと~、お待ちなさいってば~!」
などと間違っても口にしてはいけないのだと思われます・・・。
[PR]
by hoansan | 2008-03-14 00:46 | ★お花の目線

ウキウキ気分もこっそり…

c0124447_1011429.jpg

お気に入りのものが見つかったら、つい笑顔になりますね。
それがどんな場所であろうとも、ひとりでにこにこしながら、ほとんどスキップしそうな勢いで歩いてしまいます。
おっと、いけない! お花を傷つけないようにしないと…。
今日の私は、そんなウキウキ気分です。
c0124447_1012510.jpg

ところが、家に戻ると、主人はご機嫌斜め…。

そう、花粉症がピークらしいのです。
今が山場とばかりに、滝モードの鼻水と格闘しています。
しばらく効果のあった、活性アルカリ水とやらをもってしても、花粉のピークにはかなわないようで、見ていてもつらそうで、可哀想です。
主人にとっての春は、お花とは無縁で、天敵花粉症との戦いなのです・・・。

なので、お花でにんまりは、主人の背中でひとりこっそり・・・。
[PR]
by hoansan | 2008-03-13 10:13 | ★お花のある暮らし