<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

スイーツの詰め合わせ?

c0124447_1513018.jpg

お歳暮はもう準備なさいましたか?
まだの方は、お花のスイーツ詰め合わせはいかがですか?(笑)

写真は、先月のレッスンでの生徒さんの作品です。
お歳暮ではありませんが、お世話になった方にプレゼントされたそうです。

自分ですごく気に入った作品ができたときは、嬉しくていつまでもいつまでも眺めていたくなります。でも、もっと嬉しいのは、差し上げた方に喜んでいただいたときかもしれません。

『花をお世話になった方にプレゼントしました。とても喜んでいただきました。周りの方達も「見せて見せて」ってほめられましたよ。』

お世話になった大切な方とのお別れは、心さびしいものです。
でもお別れの最後に、感謝の気持ちをお花にこめたとき、一斉にみんなの笑顔がこぼれ、このあでやかな作品の色合いと共に大事な思い出がまたひとつ残っていくのでしょうね。
[PR]
by hoansan | 2007-11-29 15:57 | ★お花のある暮らし

冬のシャーベット

c0124447_18511930.jpg

ガラスの花器に、ホワイトの吸水パウダー。
季節はずれのようですが、暖房の効いた温かい部屋にこんなお花があると、
デザートに、ついアイスクリームやシャーベットを食べたくなります。

いけばなの世界では、数年前までは、寒い季節にガラスの器はNGでしたが、
ここ数年はガラス花器ファンが急増し、通年で青や紫の色ガラス花器が人気です。

食卓に、ドリンク・グラスを並べることを思えば、ガラス花器のお花は、一年中あってもおかしくはないように思います。

ところで、我が家では、冷蔵庫に一年中アイスクリームを常備しており、特にここ一年、『冷蔵庫にはPARMを欠かさない』指令が主人より出て以来、6本入りの箱に入ったPARMという品名のアイスクリームが冷凍室にでーんとのさばっております。一体どれだけのPARMを食べているのか・・・。
但し、夏場と違って、温かく平和なお家の中でゆったりとした雰囲気の中で食べる冷たい冬のデザートは、優雅にゆっくりと味わっていただきたいなと思います。ダイエットのためにも。(笑)
[PR]
by hoansan | 2007-11-27 07:04 | ★アレンジメント&レッスン

クリスマスレッスンとクリスマス伝説

c0124447_1645283.jpg
だいぶブログを書くのをさぼってしまい、申し訳ありません。せわしい師走が近づいているからです、きっと…(笑)

さて、ひと足早く、クリスマスキャンドルアレンジメントのレッスンを行いました。360度四方面から楽しめるお花です。おひとりおひとりの個性の出た作品をひとつずつじっくりと色んな角度から撮影するのはもちろんですが、こうやって、みんなで並べて写真を撮るのは気分も盛り上がりますね。同じメンバーで、同じ花材で再現することはまず不可能ですから、これは一生に一度の撮影会です。(笑)

クリスマスと言えば、思い出すのは、一年前のこの話
なんと、今年も男性Kさんは、出来上がった作品をプレゼントにされるとのこと!
「今年は、乳ガンになられた女性の方に、今日は病院にお届けします。」

Kさんの想いが届いて、早く元気になって欲しいと願うばかりです。
そして今後、Kさんからお花をもらったら病気が治るという、『Kさん伝説』を私は信じたいと思います。
c0124447_164082.jpg

[PR]
by hoansan | 2007-11-26 16:02 | ★アレンジメント&レッスン

2007年12月度のレッスン日

2007年12月度のレッスンのお知らせです。

<各回とも、お申込順MAX5名様までとさせていただきます>

■クリスマスリースレッスン
テーマ : 生花のグリーンを使ったフレッシュリース
     リースの基本をしっかりマスターして、応用方法をお知らせします。

    (1) 12月 5日(水) 10:00
    (2) 12月 8日(土) 10:00
    (3) 12月 8日(土) 14:00
    (4) 12月12日(水) 10:00
    (5) 12月15日(土) 10:00
    (6) 12月15日(土) 14:00

   花材・花器・レッスン料・お持ち帰りバッグ込み 4000円程度 (花材仕入れによる)
   
■ お正月アレンジメントレッスン
  テーマ : お客様のお迎えにふさわしい新春のお花飾り
    
   (11)12月28日(金) 10:00
   (12)12月29日(土) 10:00
   (13)12月29日(土) 14:00

  花市場やフラワーショップではもう春のお花が出ています。
  お花で気分も新たに、モダンな作品を予定しています。
 
  花材・花器・レッスン料・お持ち帰りバッグ込み 4000円程度 (花材仕入れによる)


◆お知らせ
  ・ひと月に2回までレッスン可能です。2回目は、花材を変えてテーマの復習、
   もしくは、未受講レッスンの内容で行います。
  ・お申込み、キャンセルは、4日前までにお願い致します。
  ・別途、ご自宅用の『粋ないけばな』レッスンをご希望の方は、お知らせくださいませ。 
  ・プレゼント用製作、発送できますので、お気軽にご相談ください。
[PR]
by hoansan | 2007-11-20 10:26 | ★レッスンのお知らせ

秋明菊(しゅうめいぎく)

c0124447_2127353.jpg


「菊」という名前がどこかそぐわないと、かねがね思っていたのが、このお花。
花の形といい、葉の付き方・形といい、どうも一般的な菊とは異なります。茎がすうっとのびて、その丈は、70cmほどもあり、こんなに伸びやかな菊は他にありません。秋風が吹けば、ほんとうに可憐に揺られているお花です。

中国から来たらしいのですが、菊に似た秋のお花で、秋明菊(しゅうめいぎく)とは、昔の人は思いきった名前を付けたものだと思います。そのためか、毎年秋になるとこのお花を思い出し、お花屋さんで見つければ立ち止まってしまうのです。

伸びやかな姿を生かすために、新風体で生けてみました。
生花新風体は、花材そのものを主張させるのに、相応しい生け方だと思います。
生花新風体では、花材三種類と決まっていますが、一種類は洋のもの(花または葉)を使うとバランスのいい作品になるように思います。また、奥行きを十分に出すことに注意が必要です。

【花型】 生花 新風体
【花器】 陶器
【花材】 秋明菊 アレカヤシ なでしこ
[PR]
by hoansan | 2007-11-13 21:48 | ★いけばな&レッスン

大切な・・・

突然ですが、私には子供がおらず、代わりに、子供みたいに飼っている犬がおります。
主人が自分の会社の課長職を与えているので、REON(レオン)課長と呼んでいます。
いつもやんちゃですが、彼のおかげで、本来出会えるはずのないような方と、素敵なたくさんの出会いをもらっています。REON(レオン)課長のブログを通じて、日本中いや、世界中のたくさんの方と交流し、日々多くの発見や喜びを得ています。
お花バカと同じくらい、私は犬バカかもしれません。

そんな中、昨日バリ島の大切なお友達ワンコが急死しました。バリのご自宅のプールで冷たくなった姿を発見されて・・・。
まだ2歳と5ヶ月、人間年齢だと、25、6歳でしょうか。 言葉を失ってしまいました・・・。

神様とは、なんといたずら好きなのでしょう・・・。
実は、そのお友達ワンコのママは、今月、日本に一時帰国される予定でした。
初めて直接対面でお会いできるということで、それはそれは楽しみにしておりました。でも、今回の件でしばらくはお顔を見ることはできないでしょう。

日本とバリ島がどんなに離れていようが、飼い主の方のお気持ちは、同じ犬を飼っているもの同士、ひとつです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

c0124447_12191316.jpg

[PR]
by hoansan | 2007-11-09 12:29 | ★お花のある暮らし

エントランスに

c0124447_1832050.jpg

レッスン場所の入り口に軽く飾っています。
華やかなレストランや、ホテルのロビーとは違って、かな~り地味・・・。
でも、ありきたりの観葉植物と比べるとちょっと雰囲気がやわらかくなっていいかなと思うのです。

一般的に観葉植物を置いているオフィスは多いと思います。
やはり、グリーンが多いと落ち着いて仕事ができるようですね。

話はそれますが、実は、私の主人にはこだわりの植物がありまして、オフィスにも、自宅にも大きめの鉢がで~んと置いてあります。
なんでも、中国人の大富豪は必ず置いているという観葉植物らしい。
日本では、成田空港にたくさん並んでいるとかないとか・・・。
かれこれ4年以上前からあるのですが、縁起物と信じて疑わない彼の姿を見ていると、まるで子供のようです。「○○○さん、最近元気ないんじゃない? ちゃんとお水あげてね。」と、すっかり擬人化しています。

その植物は、あまりフラワーショップや園芸店では見かけません。たまに見かけても、さほど目立たないので通り過ぎてしまいそうです。
なんといじわるなことに、主人曰く、他人にこの植物が縁起がいいということを絶対に教えてはいけないというんです!
きっと、幸せをひとりじめしたい、根性の歪んだ中国の大富豪のひとりがそんなことを言いはじめたんでしょうね・・・。(笑)

でも、レッスンにいらした方は、どれがその縁起物の鉢なのか、きっとすぐに解ると思いますよ。
あ~あ、ばらしちゃった…。
[PR]
by hoansan | 2007-11-08 18:09 | ★お花のある暮らし

立ち昇り生けとアメリカンなショップ

c0124447_18122946.jpg

珍しい竹筒の花器に生けた作品です。

【花型】 生花 立ち昇り
【花器】 竹筒 二重
【花材】 赤芽柳 小菊

竹の窓から立ち昇るように生けるので、勢いを感じませんか?
赤芽柳を手にすると、いつも冬の前ぶれのように思います。これからの冷たい季節に向かう強さを秘めているような気がします。
でも、赤芽にかぶっている薄い皮が徐々にはがれてきて、ふっくらぽわぽわのシルバー色の綿毛が顔をのぞかせると、これまた愛らしい。艶々シルバーカラーは、綺麗な猫の毛のようです。

この竹製の器は、池坊のいけばなでは歴史ある形状のもので、筒の上段と下段(筒の中)と二箇所にいけることができます。竹筒の中でお花を留める際には、叉木という加工された枝を使います。

一般的には、この器だけを見ても何に利用するのかピンとこないと思います。
実は今年の夏、表参道のアメリカ製の洋服や雑貨を売っているショップで、この花器を見つけました。竹筒の上の段に、アメリカ製の雑貨が飾られていました。
ショップの日本人の店長さん曰く、あまりに珍しいものなので、捨てずにとっておいたとのこと。私は、この器に魅了されたんだなと思い、にっこりしてだけしてお買い物を済ませました。きっと、いつの日か、店長さんがこの器の用途を知って、お花を生けることもあるのかなぁと想像しながら…。


ところで、ここ数日、いけばなの写真が続いていますが、実際には、アレンジメントを制作している数のほうが多いかもしれません。
次回は、いけばなはお休みしましょ♪ そうしましょ♪

 
[PR]
by hoansan | 2007-11-07 18:15 | ★いけばな&レッスン

2007年11月度のレッスン日

2007年11月度のレッスンのお知らせです。
※すでにメール配信にてお知らせいたしましたが、こちらでのご連絡が遅れて申し訳ございません。 

<各回とも、お申込順MAX5名様までとさせていただきます>
 ① 11月14日(水)  10:00~
 ② 11月17日(土)  10:00~
 ③ 11月17日(土)  14:00~
 ④ 11月21日(水)  10:00~
 ⑤ 11月24日(土)  10:00~
 ⑥ 11月24日(土)  14:00~
 

◆テーマ: 『冬のキャンドルアレンジメント』  
ゴールド&ベージュをベースカラーに、やわらかく上品な雰囲気で、少し早めのクリスマスを演出します。(花材・資材・レッスン料・お持ち帰りバッグ込み 4000円程度 花材仕入れによる)

※12月は、X'masリースとお正月用の2種類のレッスンを予定しています。

◆お知らせ
・ひと月に2回までレッスン可能です。2回目は、花材を変えてテーマの復習、
 もしくは、未受講レッスンの内容で行います。
・お申込み、キャンセルは、3日前までにお願い致します。
・別途、ご自宅用の『粋ないけばな』レッスンをご希望の方は、お知らせくださいませ。 
・プレゼント用製作、発送など、お気軽にご相談ください。
・資材購入割引特典ございます。
[PR]
by hoansan | 2007-11-06 18:14 | ★レッスンのお知らせ

コスモスづくし

一度は試してみたいと、長い間思っていたコスモスづくし。

春の野花も可憐で素敵ですが、秋のコスモスを見ていると、本当に秋風が通り抜けるように感じます。そんな風景を再現したくて生けてみました。
c0124447_7501571.jpg

【花型】 正風体 生花
【花器】 陶器
【花材】 コスモス  ススキ シャガ タマシダ ゴット クロトン

コスモスづくしといいつつ、他の花材も含まれていますが、あくまでもお花はコスモスのみ。

いけばなでは、「伝花」として『○○一色』と名づけて○○づくしの生け方が代々伝えられているものがあります。例えば、『水仙一色』、『かきつばた一色』のように、、、。メインとなる花材をたくさん使って、そのお花の美しさを際立たせて生け、他の花材はメインのお花を生かすために少しただけ使います。

ちなみに、『コスモス一色』というのは、「伝花」にはありませんので、これは、「芳庵伝花」ということにしておきましょうかね(笑)

あいにくカメラを持ち合わせておらず、携帯での撮影のためうまく撮れなかったのですが、どうしても残しておきたくて掲載いたしました。一本一本みんな色もグラデーションも大きさも違う30本以上の中から選ばれたコスモス達です。

コスモスは、水が下がりやすいお花ですので、しっかりと水切りすることをおすすめします。また、投げ入れのように花瓶にさす場合も、葉は弱々しいので、少し可哀相ですが取ってしまい、何か別の葉物を足すといいように思います。

さて、秋風を感じられたでしょうか?
[PR]
by hoansan | 2007-11-06 08:11 | ★いけばな&レッスン