<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お花に込めて

c0124447_13591313.jpg

いつもお世話になっている方に、花束をお渡ししました。

先日、一番大切なお母さまを亡くされたばかり。
そんな簡単に気持ちが癒えるものではありません。

ゆっくりと、ゆっくりと…。  時が力を貸してくれるはず…。

でもね、先生、 お渡しするとき、たくさんの応援団に囲まれて、やはり素敵な方であることを改めて実感してまいりましたよ。
[PR]
by hoansan | 2007-05-28 20:10 | ★お花のある暮らし

しょうぶ~生花・一種生け

c0124447_14331968.jpg


5月といえば、しょうぶ。
毎年、一度はこれをやらないと春が終わらないという、いけばなのおきて(笑)のような
代表的な春のお花です。

かきつばたと葉のあしらい方が似ていますが、大きく違うルールがあります。

■かきつばた        
  1. 葉組みは、短い葉を奥に、長い葉を手前に。
  2. 女性的な表情をつける。
  3. 全体的に、間隔をゆったりめに開ける。

■しょうぶ
  1. 葉組みは、短い葉を手前に、、長い葉を奥に。
  2. 男性的な表情をつける。
  3. 全体的に、間隔を狭めにキリッと。


どういうわけか、これを生けると、いつもかしわ餅を食べたくなってきます。

これで、安心して、夏を迎えられそうです。(笑)
c0124447_14334978.jpg

[PR]
by hoansan | 2007-05-24 14:15 | ★いけばな&レッスン

20007年6月度のレッスン日


20007年6月度のレッスンのお知らせです。
 ① 6月14日 (木)  10:00~
 ② 6月14日 (木)  14:00~
 ③ 6月16日 (土)  10:00~
 ④ 6月16日 (土)  14:00~

お申込み、キャンセルは、3日前までにお願い致します。

※ただいま、レッスンは、紹介制のみで行っております。
 レッスンのお問合せは、hoansan@gmail.com まで。
[PR]
by hoansan | 2007-05-22 00:08 | ★レッスンのお知らせ

またまた、芍薬(シャクヤク)

c0124447_13173570.jpg

懲りずにまた、芍薬の登場です。
いや、登場させずにいられなくなりました。
なぜって、こんな記事を見つけたから・・・。

『毎年最初に収穫したものはすぐに販売せず、まず自宅の仏壇にあげて、感謝の祈りを捧げるんですよ。お客様のもとで咲かないお花は、たった1本でも出荷を控えます。』
(長野県中野市 JA中野の生産農家)


思わず、「農家のおばちゃん、ありがと、ありがと」 って言いたくなります。

せっかくですから、おばちゃんの期待に答えて、上手に咲かせるポイントを。
   ◎手で優しく固いつぼみを揉みます。
   ◎つぼみに、蜜が出ることがありますが、開花を抑える原因になるので、
    塗れたティッシュでふき取ってあげます。


この芍薬の品種は、バンカーヒル。
奥に見える、サラベルナールとはまるで、違うお花のようです。

毎日、みるみる開いてきますので、目が離せません。
シャクヤク観察日記が必要です。(笑) 
[PR]
by hoansan | 2007-05-21 13:14 | ★お花の目線

芍薬(シャクヤク)の魅力


『立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花』

美人の姿を花に例えて、その美しさを言うことわざもあるように、
この季節は、どうしても立ち止まらずにいられない、お花。
c0124447_134986.jpg

これは、サラベルナールという品種。

まあるく固いツボミから、本当に開花するのかと心配になるのですが、
ちゃんと、こんなに立派に開きます。

いつか、芍薬だけの贅沢なお花を飾ってみたいと思うのは、ワタクシだけでしょうか?
[PR]
by hoansan | 2007-05-20 10:04 | ★お花の目線

初夏のかきつばた~生花・二株生け

c0124447_14492031.jpg

いけばな人(びと)が、一年を通じて、最も愛していると思われるお花のひとつ、
それがこのかきつばた。

アタクシも、この瑞々しさ故に、その魅力に取り付かれたひとりだと思っております。


『いずれ あやめか かきつばた』

ふと、思い出したこのことわざ。 あやめ も かきつばた も同科で区別しにくいように、
同じように美しく、優劣がつけがたいことをたとえたものです。

学校のクラス分けも、"1組"、"2組"じゃなくて、"あやめ組"、"かきつばた組"にしたら、
今の学校教育における問題も少し減ったりしないものか・・・、いや、無理か・・・。


■かきつばた二株生けの生け方ポイント
  ◎左を雄株、右を雌株と呼び、一対が必ずセット。
  ◎雄株は、真・副の役割、 雌株は、体の役割。

  ※ちなみに、通常の二株生けは、雄株と雌株を、別々の花材とし、『魚道生け』と呼ぶ。
   2つの株の間を、魚がスイスイ楽しそうに泳いでいるはず? 


正式な生け方は、水盤のように水面が広い花器で涼やかに見せます。
ここでは、白山のリーヴスという食器と、かなり小ぶりの剣山で生けてみました。
2005年にグッドデザイン賞も取っている大好きな器です。   
[PR]
by hoansan | 2007-05-13 14:59 | ★いけばな&レッスン

母の日レッスン・アフター

今日のレッスンのテーマは、母の日のプレゼントのお花。 

みんなとってもニコニコしながらの製作。
贈る方への想いを込めているんですね。


いつもは、おひとりおひとりの作品を写真に収めるのですが、
今回は、皆さんの作品を並べてみました。
そして、チョコやワインで、テーブルコーディネートも少々。

せっかくですから、母の日には、いつもの忙しさから開放されて、
パーティ風の気分で、少しゆっくり休んでもらえるといいいですね。

c0124447_20382132.jpg
 

嬉しくなって、私も、同じお花を、実家の母親に贈りました。
[PR]
by hoansan | 2007-05-12 19:45 | ★アレンジメント&レッスン

母の日レッスン・ビフォー

c0124447_20512070.jpg

レッスン前のビフォー写真。

この子達はみんな、これから、順番に旅立つ予定です。
いろんな素敵な笑顔に会いに行くんです。

さて、レッスン・アフターは、いかがかな?
[PR]
by hoansan | 2007-05-11 20:48 | ★アレンジメント&レッスン