<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バラにお化粧?

c0124447_18283687.jpg

お試しで、バラにラメを施してみました。

あれこれやってみましたが、こんなことが解りました。
  ・ラメを品良く見せるには、白っぽい色のお花が良い。
  ・先に糊を載せてから、ラメ粉を付けると、つきが良い。
  ・ラメを付着させても、花持ちは、変わらない。

ふふふっ、、、。
レッスンで、この技、披露いたします。 お楽しみに!
 
[PR]
by hoansan | 2007-04-30 18:27 | ★芳庵のワンポイント

ダリア~一輪でも美しい

c0124447_1503753.jpg

ダリアの中でも一番人気の「黒蝶」。

その赤黒く、ビロードみたいな花びらと、複数重なり合った花弁は、ゴージャスそのもの。
「黒蝶」だなんて、名前もゴージャス。
スタイリッシュなお花をプレゼントしたい場合には、かなりおススメです。
存在感が大きいので、他のお花は、控えめがいいですね。

ポリシャスの黄緑と合わせるて、更に色が映えました。
ダリアは、菊科のお花ですが、ゴージャスさ故に、夕食は、どうも和食が似合わない気がします…。かと言って、おフランスって柄でもありませんし。。。
[PR]
by hoansan | 2007-04-23 14:51 | ★お花の目線

そういえば、結婚記念日でした・・・

全く、困りますね。
普通はどちらかが、覚えているものらしいのですが・・・。
c0124447_1728363.jpg

主人のオフィスに、感謝の気持ちを。  だから、遅いって。。。
[PR]
by hoansan | 2007-04-17 17:27 | ★お花のある暮らし

和 vs.  洋

記事のタイトルが、なんだか強烈ですね。(笑)
今日のレッスンでは、和と洋の違いを知って頂くために、比較作品を作りました。

こちらが、和のいけばな。 自由花というカテゴリに属します。 
c0124447_16565699.jpg

そして、こちらは、洋のアレンジメント。 英国ガーデニングをイメージしたもの。
c0124447_16573824.jpg

花器は同じで、メインの花材も同じですが、全く違う表情です。

どちらかというと、上が動、下が静と感じられます。
日本古来のいけばなは、『空間の美』をとても大切にします。
一方、洋の世界は、色彩感覚を重要視します。

生徒さんには、少ない花材でも、楽しみ方があることを知っていただきました。
皆さんは、どちらが、お好みですか?

今回、アレンジメントで使用しているシルバーのワイヤーは、軟らかいので、自由に曲げて
花器の中に入れて、花止めとして使えます。ここでは、チューリップの支えとして、また、
クリスタルストーンのアクセント飾り用として使っています。
[PR]
by hoansan | 2007-04-11 16:53 | ★いけばな&レッスン