2009年 02月 16日 ( 1 )

世の中何が起きるかわからない

c0124447_2382569.jpg

◆花材 :  木瓜(ぼけ)
◆花型 :  生花(しょうか)
◆花器 :  陶器 


1月2月とこの寒い季節には、この時期にしか生けられない、枝もののお稽古をするのが
いけばなでは恒例となっています。


久しぶりの木瓜は、気がつくと、前回生けてから何年も経っておりました。

なぜそれを覚えているのかというと、私は過去にお稽古した内容をノートに記載して
その都度、生けた日付を入れていたからです。
始めは一冊だったノートは、徐々に花型と季節毎にルーズリーフで分類されて、
今では、生けたいお花をパラパラ探さなくてもすぐに取り出せる程度のものになりました。


お花を生け続けて20年以上経った今でも、私の場合は、四季が移ろう一年間の間に
そのお花の特徴や生け方のポイントなどすっかり頭から抜けてしまいます…^^;
ですから、たまにしか生けない花材では、このノート達に何度も助けられています。

ノートには、私だけがわかる他の人には意味不明と思われる記載があったり、
またときどき花材の値段まで書いてあり、思わずプッてなったり、
はたまた、永い年月の間に、時代の変化と共に生け方の一部が変化してきたものも
あったりします。


今、このノートで自分の歴史を感じると共に、この存在にホッとしています。
なんたって、この木瓜の一種生け生花は、2002年1月に生けたっきりでしたから。
お生花という決まりきった花型の中にも、木瓜らしさをいかに出すかが製作のポイント
です。


2002年なんて、この頃はまだ、私がお教室を始めるとは全く想像もしていなかった…。

"世の中何が起きるかわからない" とは、アタクシのためにある言葉じゃないかと
つくづく思います、はい…^^;



にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ ← ポチッとしていただけると喜びます^^
[PR]
by hoansan | 2009-02-16 23:11 | ★いけばな&レッスン