初秋のかきつばた

c0124447_1123275.jpg

ゲラリ豪雨に見舞われ、全国各地で多くの被害が出て、不安で慌しい8月が
過ぎ去りました。被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げます。

しかし、9月に入ってもまだ、雨や雷が続くと耳にして頭が痛いですね。
どうか、被害がこれ以上増えませんように。



そんな天候不順な中、気持ちをゆったり落ち着かせるのにふさわしいと
思われるお花をいけてみました。

かきつばというお花は、春のすくっとした表情と違って、季節の移ろいと共に、
太い根元から、花首をクネクネ曲げながら伸ばしていきます。

そして、葉っぱも細く、少し先枯れて、風情を増してきます。
ですから、曲がった花の表情に合わせて、葉も大振りな表情でいけます。
また、今の季節には、先枯れた葉を1、2枚使うのが古くからの習わしとなっています。

そう、あえて、枯れた葉を使うんですねぇ。。。


【花形】 生花(しょうか) 株分け
【花器】 水盤
【花材】 かきつばた



<参考> 春のかきつばた
      夏のかきつばた
[PR]
by hoansan | 2008-09-01 11:35 | ★いけばな&レッスン
<< リース・レッスンにて 芳庵物語 >>