バラの香り

今日の東京は、春らしい気持ちのいいお天気。
少しゆっくりできる時間があるので、こういう日は、明日使うバラのお花の水切りを丁寧に行ってみようと思いました。
c0124447_14331732.jpg

スプレー咲きのものは、バラもカーネーションも、菊でもなんでもそうですが、枝分かれしている茎のところでひっかかって、うまく取り出しにくかったりしませんか? 慌てて無理に取り出すと、ボキッと折れたり、他のお花を真っ逆さまにひっくり返してしまったり・・・。
そんなことが無いようにと、今日は、スプレー・バラをひとつひとつゆっくりとお花の顔を確認しながら、なるべく丁寧にと処理しておりました。


さあ、そろそろ資料の整理に戻らなくっちゃとデスクに座ったら・・・、
気がつくと、ワタクシ、全身バラの香りです! バラの香水を振りかけたような、甘い香りにすっかり包みこまれておりました。

こんなに小さな小さなお花のスプレー・バラなのに・・・。

お花を選ぶときは、スプレーであっても、茎が太くて長くてしっかりしたものを選ぶようにすると、一輪咲きに負けないインパクトで、存在感をしっかりアピールしてくれますね。

自然の香りは、どんなにお洒落で素敵な瓶に入った香水よりも、すごく贅沢な気がします。
[PR]
by hoansan | 2008-04-22 14:49 | ★お花の目線
<< 画期的な花器 カメラテク >>