すみません、ほんとすみません


小さな小さな小花のソリダスター
c0124447_11501656.jpg

小さくても、開くとこんなに黄色が映えるんです!

これまでの私は、アレンジメントでは、野の花のようなナチュラル感がありすぎる気がして、正直あまり好きではありませんでした。また、いけばなにおいても、剣山や叉木、つまりお花の差しくちを隠すためによく使われるので、積極的に使うことはありませんでした。


しかし、ブーケの挿し色に使うと、、、、、
なんとまあ! 可愛いこと、可愛いこと♪
ソリダスターが無ければ、かなり、おとなしい雰囲気のお花になっていたと思います。

今まで、しっかりと、花が開いた状態を目に焼き付けてなかったんです…。
すみません、ほんとすみません(汗)


どんなお花も好き嫌いしないように、それは、人間に対するのと同じ と思っていたのですが、少し反省です…。
何でも思い込みはいけませんね。 どうしたら素敵に見えるのか、どんな工夫ができるのか、とにかく固定観念にとらわれないことが大切なのですね。
[PR]
by hoansan | 2008-03-26 11:56 | ★お花の目線
<< 日本人は桜です 生花~一種生け >>