バレンタインに、ハッとさせたくて…

c0124447_1361591.jpg

10代、20代の頃、バレンタインが近づくにつれて、それはそれはドキドキしたものです。
チョコ選びは、もう大イベント。恥ずかしくて、あまり友人に相談するということは、なかったような・・・。甘い雰囲気のチョコよりも、パッケージもシンプルですっきりしたものを選び、いつも後で、『可愛さが足りないぃ~』と後悔してみたり…。
とにかく昔から、甘い雰囲気はちょっと苦手というタイプではありました。

兄弟姉妹は、兄だけで、小さい頃は男の子と遊ぶこともしばしば。なんなとく、いつも可愛気が足りないのですよね・・・。お年頃になって、自分が女の子らしくないのは、姉妹がいないせいじゃないかと大きな勘違いをして、お姉さんや妹のいる友人が羨ましくて仕方なかったですよ・・・。


そんな私も、大人になってから、このアネモネのようなフューシャピンクの色合いに魅了されるようになりました。なんともいえない色っぽさと華やかさを感じます。

情熱的な赤いバラや、スイートなピンクももちろん素敵だけれど、こんな目の醒める色のお花をあげて、普段お花にあまり関心のない男性をハッとさせるのもいいんじゃないかなと思います。

皆さんも思い出のバレンタインに、お花で彩りを添えてみませんか?
c0124447_1327165.jpg

[PR]
by hoansan | 2008-02-13 13:49 | ★アレンジメント&レッスン
<< タイと日本の融和 生花~一種生け >>