フリル好きにはたまりません

c0124447_16295852.jpg

「バラの生産者の方、ありがとうございます。」と思わず言いたくなります。

手前のオレンジ色がアンティークレース、奥のピンク色がM-500。

いずれもスプレーバラですが、一輪一輪のお花がとても大きく立派にしっかりしており、よくある小ぶりのスプレーバラのイメージとは全く違い、通常の一輪咲きのバラのようなサイズがあります。一本に、3輪から5輪付いていて、多少の大小も表情のひとつと思えば、お得感もあります。外側の花びらがほのかにグリーンがかっているのも愛らしい。
ちなみに、お花屋さんでは、お花の輪の数でお値段をつけることが多いので、スプレーパラを購入するときは、できればしっかりしたお花がバランスよく付いたものを自分で選べるお店をおすすめします。

フリルな質感は、甘い雰囲気を出すのにもちろん重宝しますが、逆にキリリとした作品の中に、コントラストを入れたいときにも活躍してくれます。

昨日掲載のアレンジメントでは、アンティークレースを使ってみました。

ちなみに、アタクシは"フリル好きのフリル似合わない派"でして、洋服はダメでもしっかりとお花で楽しんでいます。ええ、年齢には無関係ですとも(笑)。
[PR]
by hoansan | 2007-12-04 07:38 | ★お花の目線
<< バラの花束 オペラ『カルメン』なお花 >>