クルクマミニ

c0124447_14191189.jpg

またまた、クルクマにやられてしまいました。ブルームーンには、ひと目でノックアウトでしたが、こちらもまた、別の意味で、ノックアウトされました。だって、まるで、緑の口紅をさしているようなんですもの! 

花のように見えるピンクの部分は苞(ほう)で、3cm~4cmしかありません。その中に、小さな小さな白い花が見えます。本来の花は、すぐにしおれてしまいますが、苞(ほう)の部分を花としてみれば、かなり長くもちます。茎は、1.5mmくらいで、それはそれはほっそりしています。
まさに、『可憐』っていう言葉が、ぴったりです。
c0124447_16520100.jpg

クルクマは、夏の花のイメージがありましたが、私のような熱烈ファンが多いのか、近年長い期間楽しませてくれるようになった気がします。 
少し、秋っぽさを加えてアレンジメントに。
[PR]
by hoansan | 2007-10-05 16:05 | ★お花の目線
<< なぜか大好き☆ ブラックジャック >>