イポメア・パパダス・ブラッキー

c0124447_12521787.jpg

すみません、下を噛みそうな名前です。 

ついに見つけてしまいました!今から5年ほど前に、一度、友人が手にしている葉っぱを見て、『なに、これ?』と驚いて以来です。

グリーンと深い紫色をいっぺんに楽しめる、嬉しい植物です。調べてみると、アサガオに似た葉の形は、やっぱりサトイモ科でした。アサガオのように、ツルがくるくるとはしていませんが、けっこう伸びが速く、油断すると、数日であっという間に、グリーンの葉が紫に変化します。


深くて濃い色味の葉は、アレンジメントでもいけばなでも、ピリリ感とお洒落感をアップさせてくれます。使うといっても、ほんの数枚でいいんです。色が薄めのお花をぐっと引き立ててくれます。
また、私は、ライトグリーンとダークパープルの組み合わせがとても好きなので、この葉はまさに両方使えてどんぴしゃり!
もちろん、株のままの状態で寄席植えにしても素敵ですね。


ちなみに、見つけたのは、イングリッシュガーデニングのショップBARAKURA
英国人という人々は、アタクシのツボをすっかりおわかりでいらっしゃる…。
 
[PR]
by hoansan | 2007-09-21 12:57 | ★お花の目線
<< レッスンの前に… 花展のチケットプレゼント >>