水彩画~花の妖精

c0124447_1758454.jpg

これは、素敵な先輩女性が描かれた水彩画です。
ご主人の仕事上、世界各国をめぐられましたが、どの国でも、『お花の絵』を描いていらしたそうです。

多くの作品を並べて見せていただくと、フランスではフランスらしい絵、南米チリではチリらしい絵という具合に、単にお花の種類ということではなく、作品の風合いが違います。なんでも、その国その国で、『光』が違うから絵も自然と変わってくるのだそうです。
さらに、よくよくお話しをうかがうと、子供の頃、よく花の妖精が見えたとか。息子さん達も、花の妖精が見えるとのことで、この作家さんのお宅では、「あら、遊びにきてるのね」「雨が降ると、花や木が歌ってる」とか、普通に会話されていたらしい。

ちなみに、花の妖精って、小さくて可愛いものばかりではなく、人間と同じくらい、ビッグサイズのお方もいるらしい…。


この度、そんな興味深い感性の作家さんの個展が開催されることになりました。
なかなか見られない作品ばかりです。お時間のある方、ぜひ、ご覧になってくださいね。

『花の精  三輪このみ 展』  Conomi Miwa Exhibition
     2007年 10月18(木)~10月20(土) AM11:00 ~ PM 5:30
       Esprits Animaux 兒嶋(こじま)画廊
     〒106-0032東京都港区六本木7-17-20明泉ビル201
        Tel/Fax : 03-3401-3011



私も、今からとても楽しみにしています。
お花の妖精さんも、観に来るかも?
[PR]
by hoansan | 2007-09-12 18:26 | ★その他のお知らせ
<< ガラスの蓮 多肉を合わせて >>