近づきがたいカトレア

c0124447_23265850.jpg

自慢じゃありませんが、これまで、一度だってカトレアというお花をもらったことはありません。
そう、カトレアという花は、私にとっては、ド派手すぎるお花。

「洋ランの女王」の名にふさわしい堂々とした風貌は、手にしただけで、ちょっと気が引けるくらいの迫力があります。
素敵な男性にもらってくれと言われても、「どこをどうしたら、アタシに似合うんと言うんですか?」と聞き返したくなるような感じなのです。正直、綺麗すぎて、素直に手が伸びません…。
c0124447_2325117.jpg

よくよく近づいてみると、肉厚で、少し透けた感じがセクシー、ゴージャスなフリルはまるで砂糖菓子のように繊細! 花言葉が、"優美な貴婦人"、 "成熟した魅力 "、 "魔力" とあるのもうなづけます。


実は、、このたび、このお花が一番似合うと思われる女性が見つかりました。その方をイメージしたら、ピタリとはまりました。
ある意味、私は、そのような方と出会えて感謝したい気持ちです。
なぜなら、カトレアが似合う女性は、なかなか見つかるもんじゃありませんもの。


どのような方なのかは、ふふふ、、、もったいぶって、明日、お知らせすることといたします。
  
[PR]
by hoansan | 2007-09-08 23:29 | ★お花の目線
<< オペラ歌手の方に スカビオサに魅せられて >>