ブーケのラッピング

c0124447_1114940.jpg

ブーケの場合は、大概ラッピングをして仕上げます。
このブーケ・レッスンのときには、スタイリッシュな感じに仕上げたかったので次のラッピングを行いました。

 ◎ココア色の薄紙と、ワックスペーパーの黒を2枚重ね    
    このときに、可愛いカラー系のイエロー、ピンクなどを合わせていたら、もしかすると
    『父の日プレゼント』のイメージとは、少し違っていたかもしれません。

 ◎自然素材のラフィア、薄グリーンでリボンがわりに
    カラーという花材のシャープさを生かす作品なので、甘いリボンを控えました。

    
ブーケは、こういったラッピングを考えるのも、楽しいものです。
製作の最後に、メッセージカードを添えて、ふんわりした感じでお花を包み込むように気をつけています。


ちなみに、ヨーロッパなどでは、ブーケに保水処置もリボンがけもラッピングもほとんど行わずに、そのままプレゼントすることが多いそうです。日本では、ヨーロッパなどに比べて、お花代が高いために、長持ちさせる工夫や、見た目の工夫をしているのでしょうか。
[PR]
by hoansan | 2007-06-27 07:45 | ★芳庵のワンポイント
<< るりたまあざみ バッグデザイナーさんへ >>