挿花百規

c0124447_22192838.jpg

江戸時代中期、1700年代半ばに、四十世である池坊専定がお生花の100瓶を
選び残した作品集です。
今の家元は四十五世ですから、五代前ということになりますが、歴代家元の中でも
大変有名な方で、当時の大者画家に描写させて版画として残したものだそうです。

1ページ、1ページめくっていくと、100瓶すべてが生花(おしょうか)という
同じ花型でありながら、同じにはちっとも見えない完成された美の型式であることが解かります。
c0124447_2219577.jpg

この書物、実はいけばな池坊の所属支部より、今年の年頭にいただいたものです。
もちろん、コピー版ですが。
本の名前は知っていましたが、まさかいただけるとは思ってもおらず、
手にしたときは、驚きと感激で胸がいっぱいになりました。

これは、ワタクシが17年間、月例の研究会に参加した精勤のご褒美だそうです。
そう言えば、自分の結納のときも阪神大震災で突然出張になったときも、
なんとか予定を合わせて参加したことを思い出します。
参加をあきらめかけて、それでも徹夜明けで大阪から始発の新幹線に乗り、
ギリギリで間に合ったとき、大先生にお願いしてハサミをお借りしたこともあったっけ…。

何が私をそこまでさせたのか…。


それは、何百年経ても、何度も繰り返し生けても、生花のその完成美が挿者を魅了して
やまないからだと思います。



いけばなのレッスンでは、こんな書物をはじめ、少しずつ花伝書などもご紹介して、
歴史をさかのぼってみたいと思っています。

今まさにレッスンしているお花と重ね合わせたとき、"とても古いものであるのに
なぜか新しい" と思えるからとても不思議です。

にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ ← いつもポチッとありがとうございます
[PR]
by hoansan | 2009-02-19 23:14 | ★いけばな&レッスン
<< Welecome Board 2009年3月度レッスンのご案内 >>