生花(しょうか)一種生け

c0124447_024395.jpg

◆花材 :  アマリリス
◆花型 :  生花 正風体
◆花器 :  陶器 水盤

ここのところ、いけばなを生けるときは、生花(しょうか)に惹かれています。



以前、生徒さんに訊ねらたことがあります。

  「先生のお宅は、どんなお花が飾られているんですか?」


いけばなもアレンジメントも、プリザーブドも大好きで、欲張りな私なので、
実は、何でもありなのです…^^;


しかし、もし何にも制約がなくたっぷり時間があるときは、おそらく、いけばなを
生けるのではないかと思います。

自然のお花と一番ゆっくり、じっくりと対峙できそうな気がするからです。


そんなときには、不思議と、自然の植物の性状を一番大切にする生花(しょうか)を、
いけてみたくなるものです。



アマリリスは、お花と葉が伸びる根っこが別々です。 
普通のお花と同じように、お花を挟んで葉が向かい合わせに伸びると思われがちですが、
実際は、葉の外側に花が伸びています。

そんなアマリリスの花姿も再現する生花(しょうか)です。
切花でありながら、あたかも地上から太陽に向かい、咲き伸びゆくお花のように
生けるということは、なんと心地よいことでしょう。
自然の素直さ、潔さがそこに見られます。


私は、どんなお花も大好きで、これからもあれこれ、探り、巡り続けることでしょう。
そして、こうやってどこかに戻ってくるかのように、落ち着き場所を求めるのであります。
そんなふうに、何度も何度も繰り返し、周りながら時を重ねていくのだと思います。



にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ ← ポチッとしていただけると喜びます^^
[PR]
by hoansan | 2009-01-28 00:30 | ★いけばな&レッスン
<< へんちくりん花器 Spring Bouquet >>