素材を見つめるコサージュ

c0124447_8213554.jpg

一輪のサフランイエロー。
直径10cm弱ありますので、結構大きめ存在感ばっちりです。 

色彩学でのマンセル表色系の色相環では、黄色の補色(=反対色)は、青色
なっておりますが、私にとっては、このサフランイエローの補色は、濃パープルなんです。

これは私の中での感覚であって、マンセルさんには納得いかないかも・・・。



とまあ、今年はプリザーブドフラワーをたくさん扱ったことで、『色』というものが、
私の中で大きなテーマとして膨らみました。

当たり前の話ではあるのですが、特殊専用液を吸い上げさせて作るプリザーブドフラワー
のほとんどが単色でして、生花には当然のようにある、複色、色のグラデーションとは、
大きく異なります。

この特徴をいかに引き出し、且つ、よりよく魅せるかは、生花とは全く違う感性がないと
いけないという気がずっとしており、私を悩ませておりました。


そんな中、オーガンジーという素材は、非常に不思議な柔らかさをかもし出してくれると
感じています。 単に、ふんわり、柔らかい、優しい ではなく、光を感じるからこそ、
プリザーブドフラワーに 艶感、みずみずしさ を与えてくれるように思います。


    
そこで、来年のテーマは、『色』というひとつの切り口から、【素材を見つめる】年に
したいと思います。もちろん、プリザーブドフラワーのみならず、生花においても同様です。

今年のテーマであった、【感謝&丁寧】は、関わった方々との関係、作品共に
反省点も多々有り、来年も引き続きとなります。


さっそくですが、写真のコサージュは、新年の"体験レッスン"で製作していただくことが
決まりました。バラのお色は、おひとりおひとりが花びら一枚一枚をしっかりと見つめて、
各々の感性で選んでいただきたいと思います。


毎年、少しずつ少しずつでも精進していきたい芳庵です。

来年もどうぞ・・・・、
おお~~っと、まだまだ・・・、これからお教室のお掃除しなきゃ・・・^^;


* * * * * * * * * * * * * * * * * *
この作品で使用したバラは、ブルーミングキットで開花しています。このキットがもらえて、豪華なアレンジ作品が作れる、『1回完結!ブルーミング(開花)レッスン』 、実施中!オーガンジーのご紹介もしております。
c0124447_15222046.jpg


にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ ← ポチッとしていただけると喜びます^^

[PR]
by hoansan | 2008-12-30 08:54 | ★プリザーブド&レッスン
<< 最後に自慢していいですか? 和洋折衷リース >>