ほのかな色気

いけばな池坊では、京都に中央研修学院といういけばな専門の学校があります。
先日、そこの教授をお招きして、支部で勉強会を開催いたしました。

テーマは、今、全国どこの花展でも一番人気の「立華新風体」です。     
     明るさ  するどさ  きわだち  艶やかさ  のびやかさ
これらの特徴を、決められた花材でいかに表現するかは、生け手の自由です。


いつもは手が遅いワタクシには珍しく、とっとと手が進みます。
これは、普段デザインを考える時にデッサンしているせいかもしれません。
また、先生が、「自由にのびのびと生けてください。」の言葉で、
なんだかさくさくっと手が動くのです。

それから先生は、「ほのかな色気が感じられる作品がよろしいと思います」とも
おっしゃいました。





参加者20名ほどでしたが、気がつくとワタクシは、2番目に早く生け終えておりました。
c0124447_1463564.jpg

で、先生…、ええっと、アタクシの作品に、『ほのかな色気』とやらは、ございますかねぇ?

先生曰く、「奥の控えめな赤色になんとなく・・・」とおっしゃられました…^^;

はぁ~、普段から色気とは全く無縁な生活をしておりますとですね、こういうときに、
ものすごく難題となってしまうわけでございますね・・・。



朝早くから、名古屋より新幹線でいらした先生は、まだ若い男性の先生です。
いけばなの伝統文化継承のため、今後もますますお世話になることでしょう。

ご指導ありがとうございました。
今回課題となりました"ほのかな色気の芳庵"を目指して、今後とも精進してまいります!


にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ ← ポチッとしていただけると喜びます^^
[PR]
by hoansan | 2008-12-18 14:08 | ★いけばな&レッスン
<< クリスマス・パーティに 犬のお悔やみ >>